MANIA

 

のんびり森の落ち葉の下で暮らす、小さなダニ。

ドイツやフランスではチーズ作りにいそしみ、

アメリカではかつて子供たちのおもちゃだった、健気なダニ。

人にワルさをするダニも少しはいるけれど、

ほとんどのダニは、自由きままに生きる平和主義者なのです。



著者プロフィール
島野智之(しまの さとし)

1968年生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了。博士(学術)。農林水産省東北農業研究所研究員、OECDリサーチフェロー(ニューヨーク州立大学)を経て、2005年から宮城教育大学准教授、フランス国立科学研究所フェロー(2009年)。2014年4月、法政大学教授に着任。
著書に『ダニのはなしー人間との関わりー』(島野智之・高久元編、朝倉書店)、『ダニ・マニア《増補改訂版》』(島野智之著、八坂書房、2015年)、『日本産土壌動物―分類のための図解検索―第2版』(分担執筆、東海大学出版部、2015年)、『生物学辞典』(編集協力者、分担執筆、東京化学同人)、『進化学事典』(分担執筆、共立出版)、『土壌動物学への招待』(分担執筆,東海大学出版会)、『ダニの生物学』(分担執筆,東京大学出版会)など

 

ダニマニア宣言

やっぱりダニが好き!

 

第4話

ダニが翔んだ日

文と写真 島野智之

日本のツバメ(写真:佐藤賢二氏)。

◎ツバメの巣作り

ある年の6月、我が家の庭に一羽の鳥が来ているのに気がついた。鳥は、庭の水たまりに何度も飛んできては飛び去って行く。明るい太陽光線の中、背中がまるで宝石のように藍色に輝き、対照的に頭とのどが赤い。こんな美しい鳥を、これまで見かけたことがあっただろうか…。
冬には見かけないその鳥は、ツバメ(Hirundo rustica)だと気づくまでには少し時間がかかった。ツバメは初夏につがいを作る。そして、何度も水たまりにくるのは、お互いが土を持ち帰り、自分たちの巣をこしらえるためだった。
ツバメの巣と聞くと、すぐに高級食材の「燕の巣」を思い浮かべる人もいるだろう。
東南アジアマレー半島、タイやマレーシアの片田舎を車で走ると、窓枠も窓ガラスも入っていないビルディングが建っているのを、よく見かける。大きな窓が開きっぱなしのまま、使われている様子はまったくない。現地の友人に、建てかけのままで、穀物の貯蔵庫にでもするのかと尋ねたことがある。すると友人は「建てかけのビルではなく、本来の目的がツバメに巣を作らせるための建物なのだ」と教えてくれた。中華料理では高価な食材なため、ツバメがいなくなってから巣を採って売るのだと言う。
ただ、この燕の巣をつくるツバメの本当の名前は「アナツバメ」で、繁殖のために東南アジアから日本にやって来るツバメとはかなり離れた分類群らしい。

約1万種いる鳥類と恐竜の進化系統樹。日本で出会うツバメはスズメ目ツバメ科でスズメやカラスと仲間(右上のほう)。燕の巣で知られるアナツバメはアマツバメ目アマツバメ科でヨタカに近い(左下のほう)。クリックすると拡大します。

◎ツバメはもともとどこに巣を作ったのか

僕たちが「燕の巣」として珍重するのはアナツバメ類の巣である。アナツバメ類は、アマツバメ目アマツバメ科に属し、おもに東南アジア沿岸に生息する。アマツバメの仲間は断崖絶壁に巣をつくり、なかでもアツバメ類は洞穴内の壁に営巣するらしい。
アナツバメ類は、採集した巣材をほとんど使わず、ほぼ全体が唾液腺の分泌物でできた巣をつくり、それが食材となる。スープや、デザートに使われる独特のゼリー状の食感が特徴で、タンパク質と多糖類が結合したムチンが主成分。
人間が東南アジアから東アジアにかけてコンクリート製の家やビルを建てるようになったのは、この100年ほどのことだろう。また、石造りの建物や街を作るようになったとしても、1,000年ほどにすぎない。それよりも、ずっと以前から、ツバメは地球上に生息して生活してきた。
燕の巣が採取されるタイでは、海岸沿いに多くの岩山がみられ、絶景を誇る。本来、アナツバメは岩山に生活していた。しかし、最近になって巣の採集用の鉄筋コンクリートの建造物から巣が採れるようになって、市場への「燕の巣」の供給量が増した。

タイの海岸と岩山。

日本のツバメは、アナツバメとは目(もく)のレベルで分類群は異なり、巣の作り方も全然違う。人家の軒先などに作られる巣は、唾液だけでなく泥や枯れ草からなり、到底食用には適さない。人家の軒先にツバメが営巣しはじめたのは、当たり前だが人間が家を作るようになってから。それまでは、日本でも岩山や洞窟の入り口になどに巣を作っていたのではないのだろうか。

ツバメの巣(写真提供:西田賢司氏)。

◎ダニと鳥

さて、ダニのはなしだ。動物につくマダニは動物の血を吸う。ツバメでも少ないが被害の例が知られている。ツバメヒメダニ(Argas japonicus)は、日本では、コシアカツバメとイワツバメにつく。それ以外に、土壌の分解者であるササラダニ類もついていることが知られている。
ダニがつく理由は、巣に使われている泥や枯れ草だ。ササラダニ類としては、枯れ草があるとよい餌があると思い、これに取り付かずにはいられない。その結果、鳥の巣に発生するダニと間違われることがある。
ササラダニの立場になって見れば、行きたくもなかった樹上の鳥の巣に連れて行かれたのか、もの好きのダニなら、ちょっと空を飛んでみたいから、ひょいっとツバメの背に乗ったということなのかもしれない。

ツバメヒメダニ(画:黒沼真由美氏)。

鳥とダニの関係を探った興味深い話がある。
最近、メキシコ国立自治大学の研究者が発表した、鳥の巣についての論文だ (Suárez-Rodríguez, et al., 2012)。鳥の巣には多くの寄生性のダニが繁殖するのだけれど、鳥は、ダニを含む多くの寄生生物を駆除する物質を多く含んだ植物を使って、巣の内張りをしていることが知られている。駆除する物質とは、例えばタバコの葉に含まれるニコチンなどの化学物質であり、寄生性のダニなどの節足動物を寄せつけないというのだ。
メキシコの都市にはタバコの吸い殻が沢山落ちている。そして、以前の研究では、メキシコの都市に住むスズメとフィンチの巣には、ごく普通にタバコの吸い殻が使われていた。簡単な調査では1つの巣には平均10本分ほどのタバコの吸い殻が使われていることが分かっていた。
メキシコの研究チームは、メキシコシティーにあるメキシコ国立自治大学のキャンパスに広く分布しているスズメとフィンチの巣、それぞれ25個あまりについて、タバコの吸い殻とダニの数を徹底調査した。調査結果は、タバコの吸い殻が多く含まれている巣ほど、その巣に生息しているダニの数が少なかった。
次に彼らは、400箱(!)のマルボロを機械に吸わせて、大量の吸い殻を作った。吸い殻のうち、特にフィルターの部分を用いることにした。煙が内部を通ったフィルターのほうが、新しいタバコのフィルター部分よりもニコチン含有量が多いので簡単に比較できるからだ。
巣の両側にダニを引きつける発熱トラップをしかけ(ダニは鳥の体温に集まるので)、熱に集まるダニをテープで捕獲した。一組の発熱トラップのうち、一方には吸い殻のタバコのフィルター、もう一方には新しいタバコのフィルターをセット。すると20分後、吸い殻のタバコフィルターには、新しいタバコのフィルターの半数のダニしか集まらなかった。つまり、ダニは、ニコチン含量の多いタバコの吸い殻(フィルター)が鳥と一緒だと、近寄って来にくいのである。
都市に住むスズメとフィンチは、巣作りにニコチン含量を多く含む吸い殻を好むらしい。鳥は人間と共に生活を始めたことで、巣を作るときに、本来、地球上にはなかった「タバコの吸い殻」を積極的に使う。この行動は、寄生動物から身を守るための適応として「進化」したと言えるだろう。
著者の一人、Suárez-Rodríguezは、鳥がニコチンなどの有毒物質の含まれる吸い殻を巣に使うことで、鳥への健康を心配してこの論文を終えている。
僕の場合は、巣に生息しているダニたちへの健康を心配しなくてはならない。
そもそも、好むと好まざるに限らず、鳥にくっついていろいろな場所に連れて行かれるダニたち。静かな森に限らず、火山噴火などで燃えてしまった森が再生され、新しい生態系が形成されるときにもダニはきちんと現れ、分解者として加わる。
北極圏の森林で、夏に凍土が溶けたときにも多くのササラダニが見られるが、これらも鳥が運んでいるのではないかと考えている研究者がいる。ダニに限らず、鳥に運ばれる節足動物や微生物は意外と多いのではないだろうか。
ただ、東南アジアのササラダニと日本のササラダニが混じり合い、全く同じササラダニ群集になってしまうことはない。ササラダニにも自分に適した環境がある。
日本に戻ってくるツバメを見ていて、その羽根のあいだから東南アジアから来たササラダニが手を振ってくれているような幻想が見えてきたら、そろそろダニを探す旅に出たほうがよさそうだ。

つづく

【バックナンバー】
第1話 ダニはチーズをおいしくする
第2話 ダニとたわむれる夢をみた
第3話 世にダニの種は尽きまじ