MANIA

 

のんびり森の落ち葉の下で暮らす、小さなダニ。

ドイツやフランスではチーズ作りにいそしみ、

アメリカではかつて子供たちのおもちゃだった、健気なダニ。

人にワルさをするダニも少しはいるけれど、

ほとんどのダニは、自由きままに生きる平和主義者なのです。



著者プロフィール
島野智之(しまの さとし)

1968年生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了。博士(学術)。農林水産省東北農業研究所研究員、OECDリサーチフェロー(ニューヨーク州立大学)を経て、2005年から宮城教育大学准教授、フランス国立科学研究所フェロー(2009年)。2014年4月、法政大学教授に着任。
著書に『ダニのはなしー人間との関わりー』(島野智之・高久元編、朝倉書店、2016年)、『ダニ・マニア《増補改訂版》』(島野智之著、八坂書房、2015年)、『日本産土壌動物―分類のための図解検索―第2版』(分担執筆、東海大学出版部、2015年)、『生物学辞典』(編集協力者、分担執筆、東京化学同人)、『進化学事典』(分担執筆、共立出版)、『土壌動物学への招待』(分担執筆,東海大学出版会)、『ダニの生物学』(分担執筆,東京大学出版会)など。



松原 始 (まつばら はじめ)
1969年生まれ。京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館勤務。研究テーマはカラスの生態、行動と進化。著書にベストセラー『カラスの教科書』(講談社文庫)、『カラスの補習授業』(雷鳥社)、『カラスと京都』(旅するミシン店)などがある。



 

ダニマニア宣言

やっぱりダニが好き!

 

新春対談その3(最終回)

松原 始(カラス研究者)×島野智之(ダニ学者)


嫌われものほど愛おしい

ダニとカラスにまつわる話

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

ゴキブリと同じかそれ以上に嫌われるダニ。
人の頭を蹴ったり、ゴミを漁ったり、
人とのトラブルに縁のあるカラス。
ダニとカラス。
この“嫌われもの”をこよなく愛する人たちがいる。
各々上梓した書籍で注目されている著者二人、
語り合うそれぞれの悲喜こもごも。
対談は場所を変えて居酒屋、さらに飲屋街へ…。
☆そのからの続きをお楽しみください

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

◎鳥、ダニに会う

ダニはグルメか

島野(ダニ学者) 鳥頭のはなしが出て思うのは、ダニは何を考えているんだろう、ということかな。
松原(カラス研究者) 難しい(笑)。
島野 彼らにもケモレセプター、化学受容体はある。口の横にある感覚毛の先端に穴が空いていて、それを使って落ち葉を食べるときにも彼らなりに美味しいほうを選んでいるらしい。
松原 繁殖はどうですか?
島野 ハダニはメスが脱皮する前にそれをガードして「このメスはぼくのメスです」とまわりに示す。そして脱皮した直後に交尾を開始する。でも、そのメスをどうやって選ぶのかはわかっているような、いないような。
松原 総当りは無理でしょうから……。何匹かキープして接触し続けるというのは可能ですか? 何匹か回ってみて元に戻れるかどうかという問題がありますが。
島野 元には戻れないですね。
松原 閾値があって自分が狙っているラインより上ならもう捕まえようみたいなはなしですかね。
島野 閾値があるのか(笑)。
松原 あっても悪くはない気がしますけど。

どこに行ってもトリが身近な松原さん。都内某所の居酒屋にて。
 

ダニかシラミかそれが問題だ

島野 ダニって鳥に乗って空を飛んでますよね。
松原 カラスに限ればあまりダニはついていないような気もするなあ。巣にはけっこういますけど。
島野 血を吸うタイプのヒメダニみたいのはいますね。あれは、どうやって移動するんですかね。鳥そのものにはついていなくて、鳥の巣だけにいるでしょ?
松原 はい。巣にはいるけど、親鳥についているのは見たことない。
島野 ツバメの巣とかにもけっこういますよね。
松原 はい。
島野 ある種のヒメダニは数年ものあいだ絶食しても生きているらしいんですけど、ツバメの新しい巣にもいますよね。カラスにはいないんですか?
松原 カラスにヒメダニがついているのは聞いたことないけど、単に誰も見てないだけかもしれません。

ほろ酔いの島野さん。
島野 カラスの巣は触らないんですか?
松原 高いところとか、ちょっと気合いれないと触れない場所にあるので……。死ぬ気で行けっていったら触りに行きますけど……。ものすごく頑張って木に登ったことはあります。
島野 到達しました?
松原 無理でした。ただ、カラスの場合はダニよりシラミのほうが多い。放っておくとすごくつきます。
島野 フィーザーマイツ、日本語だとウモウダニというのが羽軸のあいだに入っていることが知られています。時に相利共生だと言われることもあります。鳥からしてみれば、古くなった羽の油脂成分を食べてくれるおとなしいダニですから。しかし、時々、海外でフィーザーマイツが増えて大変なことになっているというニュースが入ることがある。でも、これダニじゃなくて、シラミですよね。
松原 はい。羽繕いをさぼるとすぐシラミがつきますよ。例えば、飼育個体で脚を怪我している鳥って頭が掻けないでしょう。そうすると頭部だけにシラミがついていたりします。ダニは、カラスよりヒヨドリに赤いやつがついてますね。
島野 それは、タカラダニですかね。
松原 ヒヨドリの巣にはすごくたくさんいて、親鳥は自分で掃除をするからいいんだけど、巣から落ちたヒナを保護して、ほれほれってやっていると、すごい勢いで赤いやつが手の上に登ってきますから。
島野 タカラダニだとすると、巣に集まる節足動物を食べに来ているのかな。
松原 春から初夏。種類はわからないので「赤いやつ」と呼んでますけど。
島野 タカラダニは、表に出て来ないときは休眠状態で土の中にいる。春先になると動き出して、石をめくると裏についていたりします。もっと暖かくなると外に出て来て花粉を食べてる。鳥とダニの関係で有名なのは、ハチドリとトゲダニですね。トゲダニはハチドリのクチバシに乗って移動して花の蜜を食べている。
松原 蜜食性の鳥ってけっこういるから、ほかの鳥にもけっこうダニがついているかも。ハチドリほど効率よく花から花へ行ってくれるのは少ないかもしれないけど。
島野 ヒカダニは、鳥の皮膚の下にいる。
松原 鳥の皮下に?
島野 トキの皮下から報告されたのはトキヒカダニ。
松原 あー、それは聞いたことあります。
島野 トキウモウダニじゃなくて、皮下にいるトキヒカダニ。
松原 あの「ヒカ」って皮の下のことだったのか……。鳥の風切り羽は骨まで届いていて、骨と結合するくらい頑丈なんです。ダニが皮下に行こうと思えば行けるかな。

◎もしも生まれ変われるなら

なりたいダニはいる?

松原 島野さんはササラダニの中に「俺はこれなら生まれ変わってもいい」って思うのありますか?
島野 ダニに生まれ変わる?(笑)。ちょっと待ってね……。あ、森林高山帯にいる1年に1回脱皮するやつはいいですね。高山帯でハイマツの下で1年に1回脱皮して5年くらい生きる。
松原 長寿ですね。たぶん1年の半分くらい凍ってるんだと思います。
島野 ふつうのササラダニ類の寿命は200日とか1年くらい。だけど同じグループにあるコナダニ類の生活史はすごく早い。
島野 カラスは、人間くらい生きるんですよね?
松原 飼っていて40歳、野外でも20年くらい生きているヤツはいます。
島野 カラスの寿命は60歳って、どこかで読んだ記憶があるんですが。
松原 飼育下のワタリガラスが60歳。
島野 ああ、飼育なんだ。
松原 はい。でもこないだ野外のハシブトガラスで20歳という個体が見つかりましたから。
島野 年齢はどうやって調べたんですか?
松原 20年前に標識されたんです。あるカラスに足輪があるのを見つけて写真とった人がいたんだけど、それが20年前に雛につけたやつだったと。
島野 じゃあ、結局わかってないってことじゃないですか(笑)。

生まれ変わっても
カモのメスだけにはなりたくない

島野 鳥は一夫一妻制っていうのが90%以上というはなしを聞いたことがあるんですが。
松原 多いですね。まあ数え方によりますけど、実際にはかなり浮気してる。
島野 マジか(笑)。
松原 正確には一夫一妻ではまったくないことがよくあります。
島野 どうやってわかるんですか?
松原 実際に浮気しているのがどれくらいいるか調べるために、最近DNAを使って父性判定してみると、ものすごく浮気していることがわかる。厳密に一夫一妻なんてめったにいない。
島野 浮気する主体はオスなんですか?
松原 鳥の交尾はメスが座っちゃうとできないから、交尾ができているということはメスも嫌がっているわけではない、という話があります。
島野 じゃあ、完全に不倫状態なんだ。
松原 カモの仲間だとハラスメントがあまりに酷いので仕方なく許しているのかも、という。
島野 カモだけに。
松原 カモって独身のメスがいるとまわりからオラオラ系のオスがめちゃくちゃ寄ってくる。いつまでも付きまとってきてメスはエサが取れなくて困るので、交尾を許したほうがマシだと最終的に判断しているという理論研究もあります。
島野 あまりいい状態じゃなさそうですね。
松原 はい。なのでカモの仲間の場合、メスが望んでるとは限らない。
島野 面白いですね。
松原 ほかの鳥ではEPC(浮気)に成功するオスは条件がいいっていうのがあって、モテるオスほどEPC(つがい外交尾)が成功するということがあります。ペアオスよりいいオスがきたらメスは許すのかもねという話はあります。
島野 合理的。
松原 人間の基準からしたらカモのオスなんてロクなもんじゃないですよ。集団でナンパはするわ、女の子小突き回すわ。それで、やるだけやったらどっか飛んで行きますからね。子どもなんて絶対育てませんから。
島野 でも、生き残っているんだから大成功でしょうね。
松原 それでも、カモのメスには生まれたくなかったって思いますね。理不尽に苦労しそうだから。

……もしダニになるとしたら、もし鳥になるとしたらまで思いを馳せるダニ学者の島野さんと、カラス研究者の松原さんのほろ酔い対談、いかがでしたか。面白いかも、と思われた方は、ぜひお二人の著書を読んでください。きっと新しい世界が目の前に広がることでしょう。
対談はこれにておしまい。
島野さんの連載はつづきます。

【バックナンバー】
第1話 ダニはチーズをおいしくする
第2話 ダニとたわむれる夢をみた
第3話 世にダニの種は尽きまじ
第4話 ダニが翔んだ日
第5話 すごいダニ
特別編1 チーズダニを探す旅
第6話 酒と薔薇の日々
第7話 ダニアレルギーには熱烈キス?
第8話 南海の孤島でダニと遊ぶ
第9話 グッズがダニへの見方を変える
対談 嫌われものほど愛おしい その1
対談 嫌われものほど愛おしい その2