MANIA

 

のんびり森の落ち葉の下で暮らす、小さなダニ。

ドイツやフランスではチーズ作りにいそしみ、

アメリカではかつて子供たちのおもちゃだった、健気なダニ。

人にワルさをするダニも少しはいるけれど、

ほとんどのダニは、自由きままに生きる平和主義者なのです。



著者プロフィール
島野智之(しまの さとし)

1968年生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了。博士(学術)。農林水産省東北農業研究所研究員、OECDリサーチフェロー(ニューヨーク州立大学)を経て、2005年から宮城教育大学准教授、フランス国立科学研究所フェロー(2009年)。2014年4月、法政大学教授に着任。
著書に『ダニのはなしー人間との関わりー』(島野智之・高久元編、朝倉書店、2016年)、『ダニ・マニア《増補改訂版》』(島野智之著、八坂書房、2015年)、『日本産土壌動物―分類のための図解検索―第2版』(分担執筆、東海大学出版部、2015年)、『生物学辞典』(編集協力者、分担執筆、東京化学同人)、『進化学事典』(分担執筆、共立出版)、『土壌動物学への招待』(分担執筆,東海大学出版会)、『ダニの生物学』(分担執筆,東京大学出版会)など。



松原 始 (まつばら はじめ)
1969年生まれ。京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館勤務。研究テーマはカラスの生態、行動と進化。著書にベストセラー『カラスの教科書』(講談社文庫)、『カラスの補習授業』(雷鳥社)、『カラスと京都』(旅するミシン店)などがある。



 

ダニマニア宣言

やっぱりダニが好き!

 

新春対談その2

松原 始(カラス研究者)×島野智之(ダニ学者)


嫌われものほど愛おしい

ダニとカラスにまつわる話

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

ゴキブリと同じかそれ以上に嫌われるダニ。
人の頭を蹴ったり、ゴミを漁ったり、
人とのトラブルに縁のあるカラス。
ダニとカラス。
この“嫌われもの”をこよなく愛する人たちがいる。
各々上梓した書籍で注目されている著者二人、
語り合うそれぞれの悲喜こもごも。
その1からの続きをお楽しみください

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

◎なぜ我は

 カラス研究者になりしや

目が合ってキュン!

島野(ダニ学者) 松原さんは、なぜカラスを研究することになったの?
松原(カラス研究者) もともと割と生き物は全部好きなんです。とくにゲテモノが好き。小学生の頃にクモ、サソリから入って、ヘビも大好き。
島野 奈良でしたよね?
松原 奈良のはずれの田舎に住んでいましたから、近場でヘビを捕まえ回ってました。たぶん1000匹単位で捕っていると思います。ほかにもサメ、タコも好き。
島野 鳥が出てこない(笑)。
松原 僕は昆虫サイズよりもう少し大きくて、目を合わせられる奴が好き。そうすると、大型の動物の中でいちばん見やすいのが鳥類。
島野 それで鳥なのね。
松原 奈良にはシカはいっぱいいるけど、素人がいちばん簡単に見られる脊椎動物は鳥なんですわ。

やっぱり横顔が少しカラスに似ているように見える松原さん。
 

鳥よ!

松原 高校の生物部のときに、島野さんと同じで、一念発起して予算で部活用の双眼鏡を買ってもらって外に鳥を観に行きました。三脚に双眼鏡用のアダプターをかまして、近所の池に来るカモの数を数えたり。
島野 図鑑と双眼鏡を使って自力で研究を始めたんですか?
松原 自力です。使っていたのは、よくある学習図鑑。鳥って、彼ら自身が耳と目で同種かどうか識別しているから、見た目で種がわかる。あと、虫と比べたら鳥の種数は少ないので、子供でも何とかなる。
島野 虫は世界で100万種ですから。
松原 鳥は世界で1万種。日本産の鳥はふつうに見られる鳥は400種くらい。身近に見られる鳥になると約100種で、カラスは世界でも約40種。
島野 ヒトと鳥類という脊椎動物同士の勘みたいなものもあるでしょう。
松原 確かに認識しやすい。もし、鳥がものすごく小さくて、ファンデルワールス力を感じながら、触角の先端についた分子を探知しているような生き物だったとしたら、我々の感覚を応用できない。
島野 松原さんは、鳥を見てから道が拓けたんだね。

島野さんはダンディなダニ学者。

本に胸キュン!

松原 当時、鳥だけ追いかけていた訳ではなくて、本にも影響を受けたりして、まだ紆余曲折があるわけです。河合雅雄というサル学者が書いた『ゴリラ探検記』。それと魚類学者の多紀保彦が書いた『未知の国未知の魚』。南米とかアフリカを飛び回って魚を捕りまくったはなし。この2冊が特に好きだったので、この著者みたいに野外で走り回ったり、踏んだり蹴ったり散々な目に遭いながら動物を相手にするのがいいなと。

島野 散々な目に(笑)。
松原 それで、京都大学がいいだろうと思って目指したんです。全然入れなかったんですけど(笑)。でも何とか入学してからは、動物関係の講義は全部取ってやれと。1年生のときが、ちょうど『ソロモンの指輪』の翻訳でも知られる日高敏隆先生の最後の年でした。

日高敏隆という巨人

島野 日高先生は憧れていました。
松原 「動物たちの不思議な世界シリーズ」だったかな。今でいうエソロジー(動物行動学)系だったり、内分泌系だったり、かなり突っ込んだ内容の話が精密なイラスト付きで書いてあった。
島野 そうそう。
松原 ガのサナギを半分に切ってパイプで繋いでおくと、後ろも前も成虫化するはなしとか。そういうのが延々と書いてあって愛読していたんですけど、大学に入ってはたとその本を開いて見てみたら、監修が日高敏隆だった。やっぱり!と。
島野 日高先生の影響は大きい。
松原 大きいですね。そんな訳で、大学では日高さんの講義を聴きに行ったこともあります。あとは、サル学が強かった頃ですから、屋久島のサルの調査に潜り込んで、島にはだいぶハマって通いましたけど、よーく考えたら、そんなにサルのことが好きじゃなかった(笑)。
島野 あはははは。

カラスはカラスぞなもし

松原 サルの行動を見ているとどうしても人間との類似点が見えてくるのはわかるんだけど……、サルはサルだろうと。そこで、何か気の利いたことはやるんだけど、人間とは全然違う動物が面白いわと思いまして。これが、鳥のなかでも特にカラスに興味を持つ下地にはなっている。
島野 松原さんのカラスの観察って、擬人化しているようにも見えるんですが、サルを追いかけた名残でしょうかね。
松原 擬人化とはちょっと違うんですけど。脊椎動物の行動は、ある程度は、ヒトと鳥類という脊椎動物同士の感覚みたいなのは多少信用できる。でも、解析する時点で混ぜちゃいけない。
島野 ダニと人は、わかり合えないかな(笑)。カラスはどちらかというと嫌われているでしょう。そのあたりは気にならなかった?
松原 カラスのゴミ問題とか、カラスが人の頭を蹴っ飛ばしただとか、奈良にいるとまったく実感がないんです。黒くてでかいけど、人が近づいたらバタバタ逃げるし、ふつうの鳥じゃんって。ハシブトなんて、当時はまだすごくシャイでしたから。
島野 シャイですか?(笑)
松原 はい。当時は、京都でも奈良でも、ハシブトにレンズを向けると逃げる。双眼鏡も向けられないくらい。ハシボソは、その辺を歩いているけど、近づくとすごく迷惑そうに振り返りながら、とっとっとっとって歩いていっちゃうし。それ以上追いかけると逃げてしまう。
島野 当時も害鳥ではあったんでしょう?
松原 もちろん、当時から農業害鳥です。だから畑の人が嫌うのはわかりますが、怖い動物ではないとは常々思ってました。年寄りとかは「カラスは縁起が悪い」とか言っていたし、皆さんそんなにカラスを好きではないだろうけど……。
島野 「それがどうした?」って言いたかったんでしょ。
松原 いや(笑)、カラスはなかなか面白いよと。

どうも変よ、今日のベータは

島野 観察するサルに○○太郎とか名前をつけるでしょう。それなのに松原さんは、カラスに、アルファ(α)とかベータ(β)とか名付けている。あれはなぜ?
松原 ちょっとカラスとの距離をとろうかなと。たまたまα、βにしたものだから、ガンマ(γ)、デルタ(δ)の次ぎを覚えていなくて……(笑)。
島野 あははは。
松原 まったくニュートラルに向き合えるのがカラス。あの頃から、カラスの知能的な行動がいくつか報告はされるようになってきていましたけど、きちんと研究されているのは少なかった。
島野 他の人が嫌いでも、わかってないことがあるなら研究してやろうというのは、ダニと同じ。でもね、ダニ学会に行くと、集まる人はみんな普段はこそこそダニのはなしをしている人ばかり(笑)。
松原 学会に参加すると堂々とはなしができる。
島野 学会で思う存分ダニのはなしができるから、やっぱりこの学会がいいんだとなる。学会大会の最終日なんて「明日からダニのことは話せないんだよ」って、いい大人がうっすら目に涙を浮かべてる(笑)。偉い先生でもピュアだった。
松原 カラスは、ダニよりはいいかもしれませんけど……。あんまりふだんから狂ったカラス屋のはなしはできない。
島野 誰が狂ってるの?
松原 我々カラス屋は街中を歩いていて、ふと立ち止まったと思ったら、双眼鏡がズバッと出てきたとか……。そういうカラス屋特有の狂った感じがありまして。
島野 鳥屋らしからぬ?
松原 街中で双眼鏡やスコープを出して覗き同然のことをするのはカラス屋くらいのものでしょう。
島野 カラスを見ているだけなのに変(笑)。

◎カラスを見る目が変わる

快著、誕生!

島野  3日前のことなんですが、僕の横をカラスがかすめていって、道路標識の上に停まった。そのカラスは道路標識のウラにエサを隠していた。一瞬、「なにするんだ!」って思ったんだけど、カラスとしてみれば,自分が隠していた大事なエサに人間が近づいたので、人間を怖いとおもいながら自分のエサを守りにいった。行動パターンは、松原さんの『カラスの教科書』に出ていたので、すぐにカラスの気持ちに切り替えられた。こんな感じですか?
松原 それはすごい嬉しいなあ。だいたいカラスはそんな感じです。
島野 カラスは身近にいっぱいいるから、松原さんの本によって、カラスへの見方が一変して、身近にお友達ができることになるでしょう。それまで気にもかけなかったカラスの言葉がわかってしまったような気さえする。
松原 ふふふ。

カラスの気持ち

島野  カラスの行動の調べ方も面白かった。ダニは、生きているダニにしても、顕微鏡の下で見るので、ライトが当たったり、自然の状態よりはダニにストレスがかかっている。そうすると、観察しているダニの行動が自然状態なのかどうか、よくわからないのが悩み。松原さんの場合は、自然の中にいるカラスが研究対象ですよね。
松原 どうしても断片的な観察にしかならない。そこにどうしても人間の解釈がはいってしまう。野外でも人がそばにいて見ていると対象の生き物(カラス)にストレスがかかっている。だから、顕微鏡を使ってダニをじーっと見ていられるのはうらやましいなと。
島野 うーん。
松原 少なくとも手元から飛んで行ったりはしないよなと。カラスについては調べ方を誰も思いつかなかったんです。そもそも学術で捕獲許可取れば捕ってもぜんぜん構わないのですけど捕まらない。
島野 カラスは捕まえられない?

カラス捕獲大作戦

松原 カラスの繁殖個体を狙って捕るのに成功したって日本で一人だけだと思いますよ。麻酔は効きすぎて死ぬか、効かなくて飛んでいってしまう。エサに何か仕込んでも、食べて飛んでいってしまう。
島野 じゃあ網で取るんだ。
松原 はい。でも、カラスは網を仕掛けると警戒してぜったい来ない。大阪にいた中村純夫(すみお)さんという方が2週間くらいかけてカラスを慣らして……。
島野 2週間か……。
松原 エサを置いてカラスを慣らして、次に網を置いて慣らして、網があってもエサを食べにくるまで慣らして、次はカラスと人間の間にブラインドを張って慣らして。で、2週間後くらいに「今日はやるぞ」という日に夜明け前からブラインドに潜んでワイヤー握って待っていた。
島野 それからどうした(笑)。
松原 カラスが食べに来たところでワイヤー引っぱって網を落としたらメスだけ捕れた。オスはエサでは釣れないと言っていました。
島野 『カラスの教科書』に書いてありましたけど、こうして聞くと実感が伝わってすごく面白い。
松原 ありがとうございます。たぶん狙って捕ったのはあの人だけ。
島野 となると観察するしかないわけですね。通常の生態学だと統計解析が勝負で、やっぱり標準誤差を取ってとかなる。でも、カラスはその時勝負だとすると、かなり難しいですよね?
松原 論文を書くときはある程度類型化して「この行動が何回」という数え方はして最終的には数字に落とし込む。ただ、お前の目の誤差をどうするんだ、と。そこの客観化は担保されているのかは微妙にわからない。まあ、なるべく努力するから我慢してという話なのですが(笑)。
島野 それには屋久島のサルの観察手法がすごく研究に活かされているわけですね。
松原 気がついたら屋久島で経験したことを勝手にカラスのほうに持ち込んじゃってたとこはあります。冷静に考えれば鳥だからって何も繁殖生態だけではないので。いろんな動物の行動の評価法を持ち込んでみれば定量化はいくらでもできたんです。
島野 カラスは、擬人化された「賢さ」とは全く違う行動もとりますよね。
松原 ところどころ、ものすごくメカニカルな反応をするんですよ。プログラマジカルというか。
島野 昔の「本能」。
松原 いわゆる「本能」とか「刷り込み」全開みたいなところあるんです。鳥頭は鍵刺激とかカスケードとかあの世界ですね。この刺激を与えると自動的にこうなるとか、結構多いんですよ。
島野 儀式的なんですか。
松原 ものすごく儀式的。カラスもたぶん、かなり残してると思います。だってジュウシマツの営巣行動なんてものすごい儀式化されてます。巣を作らないと卵を産めない。でも巣を作るためには藁を一本編み込めばそれでいい。
島野 そうなんだ。
松原 だから出来合いのツボ巣を与えていても何か巣材を一本編まないとダメ。たぶん、そういう行動が完結すると、脳内でホルモンが出てきて、それがカスケードみたいにガシャガシャガシャといって、性ホルモンがダーっと出て産卵してる。鳥って、そんな感じですね。

つづく

【バックナンバー】
第1話 ダニはチーズをおいしくする
第2話 ダニとたわむれる夢をみた
第3話 世にダニの種は尽きまじ
第4話 ダニが翔んだ日
第5話 すごいダニ
特別編1 チーズダニを探す旅
第6話 酒と薔薇の日々
第7話 ダニアレルギーには熱烈キス?
第8話 南海の孤島でダニと遊ぶ
第9話 グッズがダニへの見方を変える
対談1 嫌われものほど愛おしい