MANIA

 

のんびり森の落ち葉の下で暮らす、小さなダニ。

ドイツやフランスではチーズ作りにいそしみ、

アメリカではかつて子供たちのおもちゃだった、健気なダニ。

人にワルさをするダニも少しはいるけれど、

ほとんどのダニは、自由きままに生きる平和主義者なのです。



著者プロフィール
島野智之(しまの さとし)

1968年生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了。博士(学術)。農林水産省東北農業研究所研究員、OECDリサーチフェロー(ニューヨーク州立大学)を経て、2005年から宮城教育大学准教授、フランス国立科学研究所フェロー(2009年)。2014年4月、法政大学教授に着任。
著書に『ダニのはなしー人間との関わりー』(島野智之・高久元編、朝倉書店、2016年)、『ダニ・マニア《増補改訂版》』(島野智之著、八坂書房、2015年)、『日本産土壌動物―分類のための図解検索―第2版』(分担執筆、東海大学出版部、2015年)、『生物学辞典』(編集協力者、分担執筆、東京化学同人)、『進化学事典』(分担執筆、共立出版)、『土壌動物学への招待』(分担執筆,東海大学出版会)、『ダニの生物学』(分担執筆,東京大学出版会)など。



松原 始 (まつばら はじめ)
1969年生まれ。京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館勤務。研究テーマはカラスの生態、行動と進化。著書にベストセラー『カラスの教科書』(講談社文庫)、『カラスの補習授業』(雷鳥社)、『カラスと京都』(旅するミシン店)などがある。



 

ダニマニア宣言

やっぱりダニが好き!

 

新春対談その1

松原 始(カラス研究者)×島野智之(ダニ学者)


嫌われものほど愛おしい

ダニとカラスにまつわる話

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

ゴキブリと同じかそれ以上に嫌われるダニ。
人の頭を蹴ったり、ゴミを漁ったり、
人とのトラブルに縁のあるカラス。
ダニとカラス。
この“嫌われもの”をこよなく愛する人たちがいる。
各々上梓した書籍で注目されている著者二人、
語り合うそれぞれの悲喜こもごも。

-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.-----.

◎その男、ダニ

街のダニと呼ばれて

島野(ダニ学者) いきなり病気のはなしで恐縮ですが、以前、腹膜炎になったんです。担当医が最初「盲腸じゃない」って言うから悪化させてしまって(笑)。 ヘソだけじゃなくて、盲腸も曲がってたので仕方ないんですけど。
松原(カラス研究者) ふふふ。
島野 そのままだと痛いので、全身麻酔で盲腸を切った。名古屋の繁華街の病院、手術室の中にゴキブリがいるようなところで手術したんです。
松原 大丈夫です。ゴキブリには抗菌物質があるから(笑)。
島野 看護婦さんは、麻酔薬のことで「この前2ミリリットルだったから、今日も2ミリでいいですよね?」とか言っていて、医者も「うん、まあいいんじゃない」と返している。
松原 なんだろう、その不安感。
島野 でも何とか手術が終わって入った部屋が4人部屋。僕を入れて3人いたんだけど、あとから1人入るときに、「今度すごい人が入ってきますよ、街のダニですよ」って、その看護婦さんが言うんですよ。
松原 「街のダニ」って、蔑まれてる感じがしますね。
島野 「街のダニ」って誰が最初に言い出したのか。『ダニ図鑑』というタイトルの小説を山田風太郎が書いていて、本の帯は「私はダニみたいな奴は大嫌いでね……」。
松原 かっこいいですね。

横顔が少しカラスに似ているように見える松原さん。
 

存在を感じられない小ささ

島野 世間が抱くダニの印象についての私見をお話させてください。
松原 はい、今日はそういう日ですから(笑)。
島野 実はひどい花粉症で……、病気のはなしばかりでご免なさいね。昨夏からある治療法を試したら、花粉の存在を感じなくなった。花粉症がひどいときは、花粉が顔にベタベタくっついているような感じがしていたのに、それも感じなくなった。そのとき「これってダニも一緒かも!」と閃いたんです。
松原 ふふふ。
島野 つまり、花粉もダニも気のせい(笑)。実際にダニ恐怖症というような人が世の中にはわりと沢山います。特別にある相談者の部屋のほこりを送ってもらって見てたことがある。予想どおり部屋のほこりからは、ダニはほぼ見つからなかった。実際に部屋の中に沢山ダニがいるわけではないんですよ。
松原 いるんでしょうけど。
島野 ダニは確実にいる。ただ、布団の中に入ったらモゾモゾするというはなしも聞くけど、たぶん気のせい。
松原 そうかも。
島野 僕も実はちょっと潔癖で(笑)、ダニがいそうな布団でモゾモゾすることがある。そこで実験しました.大量のチーズコナダニが付着したチーズを口に入れて、舌の上に置いても、ダニの存在を感じなかった。気のせいだって確信した。小さな蚊やアリくらいの大きさになれば、人間の皮膚や体毛を通して、その動きを感じることが出来ますが、その10分の1以下のダニは人が感じることはほぼ無理なんだと。
松原 映像でダニの姿を見ながら「これですよ」と言えば錯覚する人はいるでしょうね。
島野 でも、こんなことを言い続けても、世間のダニを見る目を変えるのはかなり難しい。
松原 うーん。

シカの糞ではなくて、島野さんが対談のために用意した麦チョコ。カラス好きというよりも、カラスにかなり似ている松原さんはきっと好きに違いないという配慮から。

知れば知るほど怖くなる?

島野 ダニと違って、カラスは目で見えるからなあ。
松原 そこなんです。カラスは姿が見えるのと、しょせん鳥なので。
島野 大学の講義でダニの絵を描けと大学生に言ったら、まったく描けなかった。
松原 もし、ダニのことを知ろうと顕微鏡でダニを見たとしましょう。横から専門家にダニについて説明を受けると、ダニのことが身近になるというより、布団に入るのが怖くなるという(笑)。
島野 はははは!
松原 話の通じないやつがいる怖さ。カラスよりも断然、ダニとは話が通じそうな気がしない(笑)。
島野 ああ……。

あ! ゴキブリだ

島野 ダニと同じかそれ以上に嫌われているのがゴキブリですが、生き物大好きの松原さんは、どう?
松原 ゴキブリのドッキリ感がどこからくるのか、いまだにわからないんですよ。
島野 家の中に出てくるやつをつかめます?
松原 家に出てくるやつはティッシュ2,3枚重ねて……。
島野 それ普通だよ(笑)。
松原 家に出てくるゴキブリを手づかみできるスピードで手を伸ばすと粉砕する可能性が高いので。
島野 僕しかいないはずの部屋に、ゴキブリがいるっていうのが怖い。

もしもゴキブリが見えないくらい小さかったら

松原 すごく小さな生き物が目で見えない範囲で何かしているっていうのは意識から消せるんです。でも、ゴキブリは大きいから。
島野 ダニが何をしているかは小さくて見えないから怖くない。
松原 ゴキブリがアンテナをフリフリして何かをセンシングしてるんだけど、何をしているのかわからなくて、次の瞬間どっちに行くのかもわからないのは何となく嫌だ。
島野 カラスのように脊椎動物同士だと分かり合えるけど?
松原 何となく。ゴキブリは、誰かが操っているラジコンみたいな感じ。次の行動の傾向が読めない。
島野 僕は昆虫(節足動物)のわからなさ加減がいい。
松原 確かに認識している世界がまったく違うのは、生き物のすごく楽しいところ。わからないからいい、という感覚もすごくよくわかります。
島野 そこが好き。ダニも含めて。
松原 昆虫やダニは、「なぜお前、そんなことやって生き延びていられる?」という秘密の部分、人間として解読不能の部分があるのはすごく魅力ですね。

自らが用意した麦チョコを、どのタイミングで松原さんが食べるか気になって仕方がない島野さん。

◎なぜ我は“ダニ学者”になりしや

本の衝撃

松原 島野さんは、どうして昆虫ではなくてダニ学者に?
島野 僕は小さい頃から、ファーブルのように生きていきたい、フランスでウマのウンコをひっくり返しながら毎日生きていきたいと思っていたんです。
松原 近所の地主のおっちゃんに意地悪されながらも。
島野 そう。小学1年生か2年生で、「オレは壮大な科学の実験がしたいのに、算数のつまんない数え棒なんてやらせやがって」という授業への不満もあり(笑)、装丁が格好いい偕成社の『ファーブル昆虫記』を来る日も来る日も読んでいた。

松原 ファーブルの本には、そうやって生きていきたいと思わせる魅力がありましたね。僕が「この本がほしい」と言って初めて買ってもらった本が、実は島野さんと同じ『ファーブル昆虫記』。
島野 (バッチリ!のポーズ)
松原 セミ・クモ・サソリの巻から買ってもらい、オウシュウトクササソリとナルボンヌコモリグモのところばかり読んでました。8本脚だと、昆虫よりもさらにメカっぽい感じがしてよかった。
島野 僕は甲虫類のガチッとした堅さに魅力を感じていました。狩人ハチの話もよかった。
松原 クモの頭胸部と腹部のあいだの隙間を狙って神経節に打ち込んでましたっていう。
島野 クモは体の構造から、そこしか狙えないから。
松原 ファーブルを語り出すと話は尽きない訳ですが(笑)、そんなファーブルに憧れた島野少年は、その後、どうなるんですか?

同じ穴のムジナ

島野  可愛げのない子供のまま……。小学校2年生くらいの頃、生きもの係の子に「みなさん、学校に生きもの持ってきてください」って言われて、アオゴミムシを持って行って、「生きもの係、ちゃんとこれ飼育しろよ」と言うような子供。ご存じのように、この虫は綺麗だけど触ると臭い匂いがする。先生が「ほかの人が好きになるもの持ってきてください」って注意された(笑)。
松原 僕は図鑑に載ってる日本最大のゴキブリ、オオゴキブリを学校に持っていって、教室を阿鼻叫喚に陥れて……。でかくて、トゲトゲしくていかつくて、森林性なので朽木のなかによくいるんですけど。屋外性のゴキブリをみんな知らないだろうと思って。
島野 驚かそうと思ってたでしょ?
松原 プラケースからオオゴキブリをつまみ出して「ほら」とかやったり。うっかり落っことしちゃって教室の床をオオゴキブリが歩き出すとさらに阿鼻叫喚になって……。
島野 すごいなあ。

さまよえる青春!

島野  まあ、そんな頭でっかちな小学生時代を過ごしまして(笑)、中学生のときは生物部。解剖ばっかりやっている先輩のいる生物部がいやで、自分たちの時代が来たらとっとと解剖をやめて、生徒会から予算をせしめて来て双眼鏡を買って鳥を見たり、土壌動物を顕微鏡で見たりしていました。実は、高校のときは一度、生物部に入ったけれど美術部へ浮気した。松原さんは著書『カラスの教科書』にご自分で描いた絵を載せてますけど、絵が本当にお上手ですよね。
松原 あれは単に趣味で描いているだけで……。ただ、僕が子供のときになりたいと思っていたのは、小説家、絵描き、動物学者。この中二病的な思いつきを高校生まで引きずってました。
島野 僕はそのまま美術に浮気しかけたんですけど、大学を選ぶときに、胸に手を当ててよく考えてみると、小さい頃になりたいと思っていた昆虫学者しかないと確信した。それで農学部へ。
松原 ほお。
島野 大学に入ったら、シュレーディンガーの『生命とは何か』とか格好つけて読んだりして。旬の遺伝子をやんなきゃと思って、植物のDNAをやっている研究室に入っちゃった。でも、もともと昆虫好きなのに、なんで植物をやってるんだろうって悩んで……。

ダニボーイに光を!

島野 そんなわけで必死に行き先を探していたら、どういうわけかダニ研究者の青木淳一先生に紹介され、お目にかかりました。青木先生の『自然の診断役 土ダニ』という本は中学生の頃から持っていたので、「ダニもいいかな」と。それに、ちょうど大学院が出来て、最初の正規の青木研究室の博士課程の学生だったので、これもご縁かと。
松原 ほう。
島野 青木研究室に初めて訪れた日、すぐに青木研究室の窓の下の芝生でとったダニで論文を書くことに……。ダニのプレパラートの作り方もわからないのに、青木先生から「同定しなさい」と言われ、そっと顕微鏡を覗いたら「えー! 全部同じダニに見える!」って。
松原 実習なんかで種の同定をやるけど、見たことない人がすぐにわかるわけがない。
島野 そのときも、研究室に所属してからも、しばらく泣きながら家に帰りましたよ。でもね、必死にダニを見てると、半年後くらいに突然わかりだす。言ってみれば「ダニ目」が出来てくる(ダニ目:ダニを同定できる目を持つこと。島野さんの造語)
松原 はい。
島野 「目が出来る」とは、1つの個体に分類で見るべきポイントが20から30あって、それらを頭の中で合成できるようになる状態。それまでは、ダニって茶色い体に脚が8本生えてるな、くらいしか見えてない。とにかく泣きながら一気に博士論文を書き上げました。

つづく

【バックナンバー】
第1話 ダニはチーズをおいしくする
第2話 ダニとたわむれる夢をみた
第3話 世にダニの種は尽きまじ
第4話 ダニが翔んだ日
第5話 すごいダニ
特別編1 チーズダニを探す旅
第6話 酒と薔薇の日々
第7話 ダニアレルギーには熱烈キス?
第8話 南海の孤島でダニと遊ぶ
第9話 グッズがダニへの見方を変える