ANTARCTICA

 

めざすは南極、しかも冷た〜い湖の底。

なぜ行くのか? それは珍しい生き物がいるから!

世界一深いマリアナ海溝の高画質撮影を成功に導いた、

若き水中ロボット工学者が、南極大陸の地を踏み、

過酷な現地調査に同行することになったのだが…。



著者プロフィール
後藤慎平(ごとう しんぺい)

大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業、海洋研究開発機構を経て、東京海洋大学助教。専門は深海探査機の開発、運用。2014年から生物研究にまつわる海洋機器開発に取り組み、2018年には南極の湖底に生息するコケボウズを水中ロボットで撮影する、世界初のミッションを成し遂げた。雑誌「トラ技 jr」にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

【バックナンバー】
第1話 日本出発
第2話 フリーマントルから南極へ
第3話 暴風圏突入!
第4話 上陸訓練はペンギンと一緒に
第5話 しらせを発艦! 南極大陸に上陸!
第6話 南極への熱き想い
第7話 南極観測船の模型の世界
第8話 きざはし浜小屋生活、はじまる
第9話 調査地「長池」は美しかった
第10話 南極のクリスマス・イブ
第11話 スカーレンの小事件
第12話 ROVは動くのか、の前に風呂
第13話 しらせの年越し蕎麦は海老天2本
第14話 南極のおせちには愛情が詰まってた
第15話 ブリザード襲来、でも調査開始
第16話 長池、くわい池、仏池!
第17話 世界初!? オーセン湾の潜水調査
第18話 なまず池! もどって長池本番!
第19話 南極で風邪をこじらせたら
第20話 思いがけず昭和基地へ
第21話 南極の風邪に御用心

 

めざすは南極湖底生物!

水中ロボットを背負って

 

第22話

きざはし浜で怒涛の調査!

文と写真 後藤慎平(水中ロボット工学者)


しらせ発艦!再びのきざはし浜へ!

しらせに戻って2日が過ぎたころにはすっかり体調が良くなっていた。ROVの清掃用に持って来ていたエタノールで部屋の消毒、兼清掃をしていると、隊長がやってきた。
「体調はどう?」
「お陰様でもう大丈夫です」
「ほな、きざはしにも言うとくわ」
短く話して隊長は部屋を後にした。これから行われるしらせとの会議で搭乗員を決めるにあたって、私の様子を見に来てくれたのだ。ということは、明日はスカーレン経由できざはし浜に戻る便があるということ。これが、湖沼チームの将来を左右する1便になるのは間違いない。祈る気持ちでしらせ側の判断を待った。
20時になり、昭和基地と各野外観測チームとの定時交信が始まる。この日ばかりは聴いておかねばと思い、マスクを着けてオペレーション室に入る。隊長や他の隊員が既に詰めている。そして、昭和基地からスカーレンにいる湖沼チームが呼び出された。
「湖沼チーム、明日のフライト予定ですが、しらせ発艦後、S16を経由して昭和基地にて別の観測チームをピックアップしたのち、スカーレンに向かいます」
「こちらスカーレン・湖沼チーム。明日のフライト、しらせからS16、昭和基地経由でスカーレン、了解です」
「その際ですが、復活した後藤さんも搭乗していきます」
「おぉぉ! 復活されましたか。お待ちしています」
無線の向こうの声が明るくなったのと、フライト予定に自分の名前が入っていたことに胸をなでおろし、オペレーション室を出る。残りの日で観測に挑めることになった。ROV調査を成功させて新しい湖沼観測の道筋を拓くには、この機会を無駄にするわけにはいかない。自室に戻り、万全の態勢で臨めるように準備を整える。
翌朝、11時40分の便でしらせを発つことになった。11時ごろからの早飯(はやめし:通常の配食よりも早い時間に提供して貰うこと。発艦や作業が昼食時間に重なるときなどに行う)をお願いしていたので、準備を整えて10時30分ごろに食堂に行くと隊長がやってきた。
「発艦、早まって11時やて」
「えぇぇっ!? お昼抜き!?」
そんなこと言ってる場合じゃなかった。11時発艦ということは、既に搭乗員待機の状態なのだ。慌てて艦橋に行き、当直士官に離艦の報告をする。艦内を通っていると時間が勿体ないので、そのまま艦橋後方の右舷側ドアから甲板に出て急なラッタルを駆け下りる。後部甲板のヘリ格納庫に就いたときには既に自衛隊員の搭乗準備が始まっていた。艦に残る他の隊員も見送りに来てくれている。私も急いで荷物と体重の計測を終えると、促されるまま慌ただしくヘリに乗り込んだ。
しらせを発艦したヘリは「S16」という内陸にある観測地点を目指して飛び立った。見る見るうちに周囲が見渡す限り真っ白な世界となる。これまでは、「火星」とさえ言い張れそうな赤茶けた大地が広がる露岩域での活動が主だった私にとって、白以外の色が存在しない世界を見るのは初めてだった。


見渡す限り白い大地が広がる世界。
S16に近付くと、一面が真っ白な中にオレンジ色の雪上車が止まっているのが見えた。南極観測も終わりに近づいた今になって、「南極に来た!」という実感が湧いてきた。
ヘリはS16近くの雪原で隊員と物資を降ろすために5分ほど滞在したのち、別チームの観測隊員と物資を積み込むとため昭和基地に向けて再び大空へと飛び立つ。


白い大地に映えるオレンジの雪上車。


ザ・南極大陸っぽい場所での記念写真。
昭和基地までは10分ほどで、数日前に自分が飛び立ったヘリポートには、既に搭乗する隊員が物資と共に待機していた。これまた5分ほどで積み込みを終えると、次はいよいよスカーレンを目指して飛び立った。直ぐに南極海の上空に達すると、眼下には海氷が解けた青い海が広がっていた。


海氷が解けて南極海の青い海が覗く。
この様子なら長池の氷も解けているだろう。そんなことを考えているうちにスカーレンが見えてきた。すると、昭和基地から搭乗してきた研究者の一人で、今回越冬する極地研のHさんが話しかけてくれた。
「もう多分、来年まで会えません。お元気で!」
 そう言って右手を差し出す。私もその手を固く握って応える。
「乗艦中もいろいろありがとうございました。帰国者報告会でお会いしましょう。今後もご安全に!」
スカーレンに着くと湖沼チームの物資の積み込みを手伝うためにヘリを降りた。メンバーが寄ってきて「お帰り!」「ただいま!」と皆で抱き合った。ただ感傷に浸ってる時間はない。これまた5分ほどで昭和基地からの観測隊員と物資を降ろし、スカーレンに残る隊員たちと硬く握手を交わし、湖沼チームと物資を載せたヘリは一路、きざはし浜へと飛び立った。

◎長池のコケボウズを撮った!

1月29日にきざはし浜に戻り、いよいよ長池での調査に挑むこととなった。本来であれば2月1日の越冬交代式に全員が参加する予定だったが、私を含む3名がきざはし浜に残ることとなった。
ほとんどの野外チームも観測を終えて続々としらせに戻り始める時期である。湖沼チームもいつ観測終了になってもおかしくない。気象状況によっては明日、明後日が最後の観測になる可能性もある。1日たりも時間を無駄にはできない。
1月31日の1便で、湖沼チームの3名以外は越冬交代式に参加すべく昭和基地へと戻った。とにかく10分でも長くROVを潜らせる時間がほしい。メンバーを見送ると男3人でROVを背負って長池を目指した。
数週間前にきざはし浜に来て初めて長池を訪れた時は、歩きなれない地形とガレ場に足を取られ片道30分近く掛かったが、この日は足取りも軽く20分ほどで到着した。


長池を含む、きざはし浜周辺の湖。
長池に着くとROVをいつもの西岸の畔に降ろした。湖面の氷は解け切って姿を消している。これなら、西岸から湖心に向けて潜航させられそうである。まずはROVを湖心方向に向けて直進させ、湖底のコケボウズの様子を観察しながら航路を決める。
今いる湖岸から、ほぼ真正面に向けて潜航させれば、深度毎に変化するコケボウズの群集が撮影できそうだった。一旦、ROVを湖岸に戻して方位を調整したら、潜航開始。操縦画面に映し出されるG-SHOCKの方位計を頼りに、スラスターを細かく操作して方位と深度を保ちながらROVを前進させる。ハビタットマッピング用のカメラは1秒間隔で固定の様子を撮影するため、ゆっくりと、ゆっくりと、慎重にROVを潜航させていく。湖岸から湖心に掛けて明らかにコケボウズの密集度や大きさが変化しているのが分かった。
まず、湖岸付近の水深1~2mくらいまではごつごつとした岩場が続き、水深3~4m付近から急激に落ち込むと、ぽつぽつと小型のコケボウズが現れ始める。しかし、決して密集度は高くない。20cmくらいの個体が点在しているような状況だ。


水深3~4m付近。小型のコケボウズが散見される。
さらにROVを進めて水深5~6m付近に来ると、今度は小型ながらコケボウズの群集密度が一気に高くなる。ほぼ湖底一面から小さなタケノコが生えているような状態になり、ROVが着底するような隙間もなくなる。


水深5~6m付近。コケボウズの群生密度が高くなる。
水深7~8m付近まで来ると密集度が低くなり、緑色のマット状の湖底から大きなコケボウズがニョキニョキと生えているような状態になる。さらによく観察すると、1個体ずつ存在しているのではなく、ある程度、大きな個体同士が身を寄せ合うようにして群落を作っているのだ。


水深7~8m付近。大型のコケボウズがみられるが、群生密度が低くなる。
そして、水深9m付近に到達したとき、パタッとコケボウズの姿が無くなり、緑のマット状の湖底が一面に広がり、長池の最深部である水深10m付近からは、再び、親指くらいのサイズの小さなコケボウズが芝生のように生えているのが確認できた。まるで、高山地の森林限界のような環境である。


水深9m付近。コケボウズがほぼ姿を消す。
しかし、この現象がROVの周辺だけに限定されている可能性もあるため、一度、周囲を確認すべくROVを浮上させて俯瞰するように湖底を見渡すと、明らかにコケボウズの生息状況が大きく変化する「境界」のようなものが見てとれた。
境界には深度の差はほとんどなく、湖深部に行けば行くほど大型のコケボウズは姿を消した。これがどこまで続いているのかを確かめるべく境界線沿いにROVを進めると、長池の最深部である水深10mの等深線に沿うようにして、この境界があるようにだった。その証拠に、対岸付近では深度が浅くなるにつれて再び大型のコケボウズが見られた。


水深10m付近。親指程度のコケボウズが姿を現す。


長池の湖深部付近にあるコケボウズの棲息境界。
ひょっとすると、このたった数十cmの深度変化のあいだに、コケボウズにとっては重大な生息環境の変化が起こっているのかもしれない。それは、水圧なのか? 湖面から注ぐ光のスペクトル量なのか? はたまた溶存酸素量なのか? 紫外線量なのか…? あるいはすべての条件が複雑に重なり合った結果なのか?
解明には、これからさらにさまざまなパラメータを取得して、データを並べて検討を進める必要がある。また1つ、解明すべき課題ができた。
この日は午前と午後合わせて5回の潜航を行い、さらに翌日、翌々日と立て続けに長池での調査を行い、3日間での潜航数は13回となった。1月中旬にしっかりと分解整備したこともあり、ROVは順調に調査をこなした。むしろ、寒さでこちらがギブアップしたくなる日もあった。
今回の調査では、長池南側の湖畔は急な傾斜地のためROVを展開する場所が確保できず、詳細なデータを得ることができなかったが、最終日に実施した北東側の湖岸から湖深部をめざした潜航では、これまでの西岸からのアプローチと違い、湖底が急激に深く落ち込むような地形は見られず、徐々に湖心部に向けて深度が増していく様子が見て取れた。そのため、コケボウズの棲息の仕方も西岸とは違い、ROVをしばらく航走させないとタケノコ状の群集が現れないといった状況であった。
これまでも長池では人の潜水による調査も行われてきたが、どんなにドライスーツを着込んでいても顔はむき出しの状態なので、寒いものは寒い。実は私も調査の合間に少しだけ湖に顔をつけてみたことがあった。
「過酷な環境では水中ロボットが有効!」なんて言い回ったところで、はやり自分の身をもってその厳しさを痛感しないと説得力がないし、1回くらいは自分の目で湖の中を見てみようと思い、湖岸で少し顔を浸けてみた。
(キィーン!!)
目が覚めるを通り越して頭に響くような冷たさだった。こんな中で何時間もビデオ記録装置を探したていたのかと思うと、私にはとてもボンベを背負って全身入るなんてできそうにない。そして、やはりこういった過酷な環境において、長時間かつ広域を安定的に調査するには「水中ロボットが有効である」と改めて確信したのだった。

つづく