ANTARCTICA

 

めざすは南極、しかも冷た〜い湖の底。

なぜ行くのか? それは珍しい生き物がいるから!

世界一深いマリアナ海溝の高画質撮影を成功に導いた、

若き水中ロボット工学者が、南極大陸の地を踏み、

過酷な現地調査に同行することになったのだが…。



著者プロフィール
後藤慎平(ごとう しんぺい)

大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業、海洋研究開発機構を経て、東京海洋大学助教。専門は深海探査機の開発、運用。2014年から生物研究にまつわる海洋機器開発に取り組み、2018年には南極の湖底に生息するコケボウズを水中ロボットで撮影する、世界初のミッションを成し遂げた。雑誌「トラ技 jr」にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

【バックナンバー】
第1話 日本出発
第2話 フリーマントルから南極へ
第3話 暴風圏突入!
第4話 上陸訓練はペンギンと一緒に
第5話 しらせを発艦! 南極大陸に上陸!
第6話 南極への熱き想い
第7話 南極観測船の模型の世界
第8話 きざはし浜小屋生活、はじまる
第9話 調査地「長池」は美しかった
第10話 南極のクリスマス・イブ
第11話 スカーレンの小事件
第12話 ROVは動くのか、の前に風呂
第13話 しらせの年越し蕎麦は海老天2本
第14話 南極のおせちには愛情が詰まってた
第15話 ブリザード襲来、でも調査開始
第16話 長池、くわい池、仏池!
第17話 世界初!? オーセン湾の潜水調査
第18話 なまず池! もどって長池本番!
第19話 南極で風邪をこじらせたら
第20話 思いがけず昭和基地へ

 

めざすは南極湖底生物!

水中ロボットを背負って

 

第21話

南極の風邪に御用心

文と写真 後藤慎平(水中ロボット工学者)


上空から見た、念願の昭和基地。

しばらくして、2夏に戻るという学生が私のところへやって来て、さっきまで越冬庶務担当者が座っていた椅子に腰かけた。
「とりあえず、2夏に戻りましょうか?」
一人での移動が禁止されているため、どうやら、話し合いが終わるまで待っていてくれたようだ。ありがたく、一緒に戻ることにした。


昭和基地の第二夏宿。よく見えないが外は恐ろしく吹雪いている。
2夏に戻ると、間もなく外出禁止令が出ることもあり、点呼も兼ねて居間に隊員が集まっていた。
「お、どーだった?」
「ダメっぽいですね。戻して貰えそうにありません。」
「じゃあ、昭和を満喫するしかないですね! 酒でも飲んで殺菌しましょう!」
こうやって話ができる明るい仲間に囲まれていると、それも良いのかな? なんて思えるような気がした。南極では、迷惑はかけられない。すべては常備薬を船に置いてきた自分の落ち度が原因だった。


昭和基地の地図。クリックすると拡大表示されます。
湖沼チームのメンバーへの申し訳ないと思いながら、久々に会った隊員たちと話をしていると外出禁止令が出た。すると皆、早々に自分の寝床へと潜り込んだ。起きているとトイレに行きたくなるから寝てしまおうということだ。
私も風邪をうつさないようにとベッドへと潜り込み、天井を眺めながら眠れない夜を過ごした
外出禁止令が出たら、とてもヘリが飛べる状態ではない。明日の湖沼チームのスカーレン移動もなくなる可能性が高い。そうなれば、4日後のしらせからスカーレンへのピックアップ便が飛ぶこともなくなる。万事休すか…。


昭和基地とスカーレンの位置関係。
いつ眠りに入ったのか分からなかった。突然、勢いよくカーテンが開く音で目が覚めた。
「後藤さん! 1便で出るらしいですよ! マルハチマルマル、Aヘリです!」
NHKのIさんが飛び込んできて教えてくれた。思わず飛び起きて確認すると、急遽、自衛隊員の交代便に乗る事が決まったらしい。他の部屋はまだ寝ている人も居るので、静かに、でも慌ただしく荷物をダッフルバッグに詰め込んで、ヘリポートへ向かった。
時計を見るとまだ朝の7時前だった。しばらくヘリポートで佇んでいると、徐々に風と雪が強くなってきた。「ホントに飛ぶの? 他に誰も来ないけど」と思いながらも待つ。両手に荷物を持っているので体に積もった雪を払うこともできず笠地蔵のようになっていく。
しばらくして、ヘリポートの下にトラックが止まって誰かがこちらに歩いてくる。越冬隊長だった。 「中止中止~1便のフライト中止~1夏に戻ろう」
そう促され、再び荷物を持って1夏の食堂に戻る。他の隊員も朝食のために集まり出していて、出戻りの私を暖かいお茶で出迎えてくれた。


昭和基地の食堂のランチの様子。


ランチのカレー! でも、お米がないのでナン。

◎本当に飛ぶの?

しらせと昭和基地との無線交信によると、風速が10m/s以上ありヘリを飛ばすのが危険とのこと。12時までのすべての便をホールド(待機)とし、12時の最終判断を持って本日のフライトを中止するかを決めるということだった。天候には逆らえないので、一旦、2夏に戻ってベッドに潜り込む。
しかし、10時30分に外出注意令が発令されたため、複数名で1夏へ移動して昼食まで待つことにした。今日は金曜日なのでカレーのいい香りがしている。ただ、肝心の米がなくなったらしく、今回はナン。今日の自衛隊員の交代便で米を運んでくる予定だったのだ。
相変わらずの体調のまま昼ご飯を食べていると、無線で越冬隊長が呼び出されて慌ただしく出て行った。12時のフライト判断が出たのかもしれない。しかし、窓の外は今朝と変わらず強い風が吹いている。
「CH!フライト準備に入った! スカーレン行きも同上!」
越冬隊長が戻ってきて食堂中に響き渡るように叫ぶ。この風速で!?と、皆が一様に顔を見合わせる。13時には交代の自衛隊員と米を載せて来るとのこと。そして、しらせへいったん戻った後に、きざはし浜に飛んで湖沼チームをスカーレンに送り届けるという弾丸ミッション。風邪さえ治っていれば、そのままスカーレン行きに同行することが出来たと悔やまれるが、ひとまず、しらせへ戻れる。それまでに体調を戻して4日後のピックアップ便に賭ける。
カレーとナンをお腹の中に収めて、急いでヘリ搭乗の準備をしてヘリポートへ行く。既に交代の自衛隊員と持ち帰り物資がヘリポート脇に待機していた。既にヘリはラングホブデ沖にいるしらせを発艦しているので、早ければ10分ほどで飛んでくるはずだ。雪混じりの強い風で、時折、息が出来なくなる。しばらくすると、積み込みの手伝いと見送りを兼ねて2夏のメンバーが集まっていた。
昨日のお昼に昭和基地に来てから約1日。慌ただしくもいろいろ経験出来た。応援してくれる仲間もいるしインターネットも使える。25年もの間、行って見たいと思い続けていた場所だっただけに、南極に行くことが決まったときは、昭和基地に入れないことを聞いて愕然としたこともあった。
まだ、見ていない基地の施設もある。昭和基地の看板の前で記念の写真も撮ってない。もう二度と来れないかもしれない。そうしたら一生悔やむかもしれない。昨夜、寝付けないベッドの中でそんなことが頭を過った瞬間もあった。でも、今となっては、やっぱり自分はきざはし浜に戻りたいという思いしかなかった。
風呂も水洗トイレもインターネットも何もない野宿同然の場所であるが、南極に来てからの数週間で、きざはし浜が自分の居場所のように感じ始めていた。こんな中途半端で終わったら、仮にまたROV調査に来られる機会があったとしても、自分が戻ってくることが出来ないとさえ思えた。
「きざはし浜に戻って、ROV調査を完遂する」
その思いで迎えのヘリを待った。


強風の中でヘリを待つ。

◎飛べ!

風速15m/sほどの強風の中、機体を大きく振られながらヘリが降りてきた。バケツリレーで物資を積み込み、他の隊員と一緒に乗り込んだ。
ヘリの中の隊員が外の見送りの人に向かって両手で「伏せ」の合図を送ると、ドアが閉められローターの回転数が上がる。南極に来て、みんな何度かヘリに乗っているため、ダウンウォッシュが来るタイミングも分かってきた。ギリギリまでこちらに手を振ってくれている。こちらもヘリの丸窓に顔を押し当て思い切り手を振る。強風の弱まるタイミングを見計らってヘリが一気に離陸する。
「ありがとう、みんな! ありがとう、昭和基地!」
と思う間もなくヘリはしらせへと着艦した。私が帰艦すると聞いて隊長を始めとする何名かの隊員が甲板に集まっていた。一刻も早く自室でパブロンを飲んで静養したいところだが、まずは隊長とともにオペレーション室に行き、今回の件について謝罪と説明をする。
「謝ることちゃうよ。誰だって風邪くらいひくしなぁ。まぁ無事でよかったよ」
と、相変わらず優しい。まわりで聞いていた人たちも「どこでウイルス貰ったの? てか、何食ったの?」などと場を和ませてくれる。しかし、正直、ウイルスなのかどうかも分からない。片頭痛持ちなので、人一倍健康には気遣っていたつもりだし、昭和基地での検査では特に異常はなかったらしい。
「疲れや途中からの合流者なんかの影響もあるのかもしれませんが、この事態になったのはホント情けない限りで、申し訳ありません」
「まぁ~もっと早よ言うてくれたらよかったのに。きざはし浜、異常ありやん(笑)」
「風邪薬を船に置いて行ったのがマズかったですね。とりあえず、救急箱に履いてるあの謎の風邪薬は、今後、止めた方がいいです」
「あの白いヤツ? あれ全然、効けへんよな~」
知ってるなら他の薬を入れておいてほしかった…。せめて抗生物質。いや、その前に「南極は風邪ひかない」という話をなくして貰うしかない。実際、新しい隊が来た後には、毎年のように何かしら風邪のようなものが流行ってるらしい。ただ、いつもは昭和基地やしらせで発生するのだが、今回は運悪く私が野外にいたため影響が大きくなってしまった。なので、野外観測に行く人は必ず風邪薬は携帯しておくように!というのが私からのメッセージだ。
結局、この日から2日は部屋にこ戻ってひたすら薬を飲み続ける日々だった。外部に空気が漏れないように通気口と扉に目張りをして、食事とトイレ以外は自室から出ないようにした。
窓のない船室で無線も入らず外界と一切の情報が遮断された環境にいると、自分だけが取り残されていくような怖ささえ感じる。しかし、確実に体調がよくなっているのが分かった。これなら行ける。

つづく