ANTARCTICA

 

めざすは南極、しかも冷た〜い湖の底。

なぜ行くのか? それは珍しい生き物がいるから!

世界一深いマリアナ海溝の高画質撮影を成功に導いた、

若き水中ロボット工学者が、南極大陸の地を踏み、

過酷な現地調査に同行することになったのだが…。



著者プロフィール
後藤慎平(ごとう しんぺい)

大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業、海洋研究開発機構を経て、東京海洋大学助教。専門は深海探査機の開発、運用。2014年から生物研究にまつわる海洋機器開発に取り組み、2018年には南極の湖底に生息するコケボウズを水中ロボットで撮影する、世界初のミッションを成し遂げた。雑誌「トラ技 jr」にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

【バックナンバー】
第1話 日本出発
第2話 フリーマントルから南極へ
第3話 暴風圏突入!
第4話 上陸訓練はペンギンと一緒に
第5話 しらせを発艦! 南極大陸に上陸!
第6話 南極への熱き想い
第7話 南極観測船の模型の世界
第8話 きざはし浜小屋生活、はじまる
第9話 調査地「長池」は美しかった
第10話 南極のクリスマス・イブ
第11話 スカーレンの小事件
第12話 ROVは動くのか、の前に風呂
第13話 しらせの年越し蕎麦は海老天2本
第14話 南極のおせちには愛情が詰まってた
第15話 ブリザード襲来、でも調査開始
第16話 長池、くわい池、仏池!
第17話 世界初!? オーセン湾の潜水調査

 

めざすは南極湖底生物!

水中ロボットを背負って

 

第18話

なまず池! もどって長池本番!

文と写真 後藤慎平(水中ロボット工学者)


ボツヌーテン(のすぐ脇の山頂)に立つ筆者。


ボツヌーテンはこんなところ。真っ白な雪原に突如現れる。


ボツヌーテンの往復の際は白瀬氷河の上を通過する。

オーセン湾での調査からしばらくは、ボツヌーテンへの日帰り調査やDROMRANでやって来る外国人研究者の受け入れ準備などで慌ただしく毎日が過ぎて行った。そのためROVの調査もひとまずお休みだったのだが、実は少し前から気になっていたことがあった。
先日の仏池での潜航後、機体の洗浄・整備をしていると、アンビリカル・ケーブル用のコネクタが緩んでいるように感じた。恐らく、普通なら見落としそうなほんの小さなガタつきだったので、オーセン湾での調査の際は外部からコネクタ全体を強く固定することで対応していた。だが、オーセン湾調査の後、明らかに以前よりガタつきが大きくなっているのに気付いた。
 「マズイなぁ…」
ラボ用テントから出て小屋に戻り、メンバーにROVの状況を説明する。分解修理となれば一大事だ。きざはし浜小屋のメインテーブルを数日間は占拠することになる。おまけに精密機器にとって一番厄介だったのが、小屋の中でも、時折、キラキラと雲母が舞っていることだ。雲母自体は絶縁性のある鉱石であるが、コンピューターなどの内部に入り込むのは好ましくない。
食事は小屋の外でするか?とか、もうコネクタを接着剤でガチガチに固めるか?など、いろいろと方法を考えた結果、2日後にしらせのヘリがきざはし浜に立ち寄るタイミングがあった。それに乗ってしらせへ戻り、観測室で分解修理をすることとなった。


分解・整備中のROV。
お昼前にしらせへと戻ると、状況を聞いていた隊長が甲板で出迎えてくれた。
「えらいことなったなぁ。まぁまずはお風呂に入って」
暖かく迎えて貰えたことで、予定が変わったことへの罪悪感が少し和らいだのだが、かれこれ数週間は風呂に入っていなかったので臭かったのかもしれない。
ROVを観測室に運んでひとまず風呂に入り、昼ご飯を食べて整備に取り掛かる。かなり複雑な構造のため、ネジを数本外すくらいじゃ目的のコネクタにたどり着かない。ほぼ、全分解である。図面を見ながら1本1本ネジとケーブルを外していく。ようやく目的のコネクタにたどり着いたときには夕食の時間になっていた。きざはし浜ではワイワイ楽しくご飯食べているんだろうなぁ~と、少し寂しくなる。
緩みの原因は、業者に発注した部品の加工不良と輸送時の振動とわかった。すぐさま修正をして再び組み上げる。既に翌日のフライトが決まってしまっているので、明日中にきざはし浜に戻ることは出来ないが、明後日は「なまず池」での潜水調査で、しらせからきざはし浜に行く便がある。ここではROVの出番はないが、このタイミングを逃すと次はいつきざはし浜に戻れるか分からない。この日はほぼ徹夜で復旧作業をし、あと一歩のところで力尽きた。
翌日も朝から復旧作業に取り掛かる。一度、すべてを分解してしまっているので、通電や漏水のチェックなどもしなくてはならない。明日のヘリに乗り込むには、昼過ぎまでには見通しが立っていないといけない。時間との勝負である。焦りつつもミスが無いように慎重に組み立てを行い、お昼前には重査試験(水中のバランスを見る試験)までこぎ付けた。
昼食時、隊長から「どう?どんな様子?」と聞かれたので、「夕方には終わるので明日のフライトには間に合います」と伝え、なんとか「なまず池」の調査に間に合った。
翌朝、1便でしらせを発艦し、きざはし浜に戻ると、メンバーが暖かく迎えてくれた。あぁ、やっぱり湖沼チームは居心地が良いなぁ~と思いつつ、ヘリからROVを降ろして代わりになまず池の調査機材を積み込む。
なまず池はスカルブスネスをぐるりと回り込んだ南側に位置しており、ヘリだと10分も掛からない。ただ、着陸ポイントが恐ろしく狭いため、天候の良いときにしか行くことが出来ない。他のポイントだと池から離れてしまい物資輸送が大変になるし、少し風で煽られただけでヘリのブレードが岩肌に当たってしまう恐れもある。そのため、湖に少し張り出した場所に着陸するのだが、最初に着陸地点を見た時はホントにこんな狭い場所にこの大型ヘリが降りれるのか!?と思ったほどだ。しかし、そこはさすが海上自衛隊。ゴツゴツとした岩の上にピタッとヘリを着陸させた。
なまず池の調査は、過去に設置した温度計の回収というミッションだった。ROVではなく人が潜水して回収するが、なんせ湖面に氷の張っている湖での潜水は危険を伴うため、湖面からのサポートが必要になる。そこで、我々はボートで潜水者の近くまで行ってライフロープを張るなどのサポートを行う。また、潜水病や低体温症になる可能性もあるので、万が一に備えて昭和基地の医師も調査に同行する。


なまず池のダイビング調査に向かうダイバーたち。


なまず池での潜水調査の様子。
潜水者の準備が整い、我々もボートで漕ぎ出す。水深は10m以上ありそうだが、透明度が高いため湖底がすぐそこにあるように見える。天気も良く太陽も出てきたので湖面でも暖かい。ただ、お尻は冷たい。防寒着を着てるとはいえ、ゴムボートの底を隔てて外側は南極の湖である。だんだんと接触部が冷えてくる。おまけに、心なしかボートの側面に弾力が無くなってきている気がする。いや、間違いなくパンパンに空気を入れたのに、今は指で押せば凹んでしまう。一緒にボートに乗っていた隊員と「空気抜けてるね」なんて呑気な話をしてみるが、あまり心は穏やかじゃない。すぐ助けてくれる医療チームがいるとはいえ、南極の冷たい湖で着衣泳なんて出来る自信がない。二人はだんだんと無口になる。なるべく身じろぎしないように努め、潜水者のサポートに務める。
作業開始から1時間くらいしたころ、無事に水温計を回収して潜水作業が終了となった。慎重に急いでボートを漕いで湖岸に戻りことなきを得たが、このボート・・・近いうちにまた使うんだよね?そして、また自分が漕ぐんだよね?どこから空気が漏れてるかも分からないので不安しかない。

◎2日後、長池へ

長池での潜水調査の日がやってきた。もちろん、ゴムボートも使う。今回は水温計よりもはるかに大きなビデオ記録装置を回収し、2艘のボートで湖岸まで引っ張ると言うミッションがある。そのための訓練も日本で行ってきた。空気が抜けること以外準備は万端である。いつもは長池まではROVを背負って徒歩で行くが、この日は空気ボンベやボートなど装備が多いため、往復ともヘリでの輸送である。


きざはし浜周辺の湖。
長池に着くと、まだ湖面には大きな氷が残っていた。例年、この時期まで溶けずに残っているのは珍しいとのことで、潜水作業も気をつけなければならない。
なまず池同様、潜水者のサポートも兼ねてボートで長池に漕ぎ出す。この日も天気が良く風も穏やかで気持ちいい。ほどなくして湖心部に到達し、前回の調査時にビデオ記録装置を設置した場所をGPSで確認すると、ちょうど湖面の氷の下だった。
潜水者はライフロープを付け氷の下へと潜入していく。その間、ボートは湖面の氷にガッチリと固定し、ライフロープの反応に集中する。引っ張る動作があれば緊急事態だ。ロープを持つ手に神経を集中する。
しかし、何の反応もないまま10分ほどが過ぎた。ボートの空気が気になる。すると、突然ボートの脇に黒く丸い物体が浮いてきた。戻ってきた潜水者の頭だった。


長池でのダイビング調査の様子。
「ダメ、全然見つからない」
「GPSの方角は合ってる?」
水中ではGPSなどの電波航法が使えないため、方位磁石が頼りになる。そのため、湖面からGPSで位置を確認し、捜索する方向を指示する。しかし、午前中いっぱいを使っても見つからなかった。
「こんな時こそROVじゃない?」
少し重い空気の中でお昼ご飯を食べていると、そんな話さえ出るようになった。確かに、ROVなら潜水者が危険な目に遭うことはなし、ボートが湖面で待機する必要も無い。見付かってから泳いで行けば良い。しかし、これまで色んな場所で潜ってきた人たちが探しても見つからなかったのに、果たしてROVに見つかるだろうか?重い空気がそんな弱気な気持ちにさえさせる。ヘリが迎えに来るまでの時間も限られている。今回の調査で見つからなければ、次回はいつ回収できるか分からない。現場に焦りの色が見え始める。
午後の潜水の前に、ビデオ記録記録装置があるとされるポイントに正確に誘導するため、もう一度、全員でGPSデータを見直し、湖面からではなく湖岸の高い位置から無線を使って細かな位置修正をすることにした。帰りのヘリが迎えに来るまでの残り時間はわずか。あと1回の潜航に賭けて再び湖心を目指す。
しかし、やはり見付からない。何度も湖面に戻ってきて方位を確かめて再び潜ると言ったことを繰り返す。すると、湖岸にいた隊員から無線が入った。
「CH、しらせ発艦!」
予定より早い。どうやら天候が崩れ始めているため、ピックアップの予定が早まったようだった。しかも、この時しらせは昭和基地を離れてラングホブデ沖に居た。つまり、普段よりスカルブスネスに近い場所に居て、短い時間でヘリが到着する。恐らく15分…。
残り10分を切った段階で、次を最後の潜水とすることにした。これで見つからなければ今回の調査での回収は諦める。潜ってから1分、2分と経過し、3分が経過したときにライフロープが思い切り引っ張られた。急いで力いっぱいロープを手繰り寄せると、氷の下に装置らしき影が見えた!
「よし!」
装置をボートの直下まで手繰り寄せたら、全力で岸へと戻る。もう、いつヘリが来てもおかしくない。幸い、搭乗する人員と資材が多いためヘリは2往復する。きざはし浜に戻る我々は後の便となった。その間にボートを畳んだり潜水機材を片付けたりと、慌ただしく撤収の準備をする。
ほどなくしてヘリが到着し1便目を見送ったら、現場の空気が一気に緩んだ。ドラマのような出来事に、みんなが興奮し笑顔になった。


長池から回収したビデオ装置。

◎増してくるプレッシャー

喜びも束の間、この頃から私の中で焦りにも似た感情が湧き始めていた。南極調査に参加することになったのはここ1~2年だが、極地研のTさんをはじめ支援をしてくれたKさんや他のメンバーは、今回の調査に向けて何年も掛けて準備をしてきた。日本の南極観測はさまざまな分野の研究者が参加しているため、毎年、生物学者がぞろぞろと大勢行く訳ではない。
私が参加した第59次隊は生物調査がメインであったが、別の次隊では宙空観測がメインであったり海洋観測がメインであったりと、次隊によって柱となる観測が異なる。もちろん、宙空観測がメインの年でも、生物や地質などの隊員も参加し、現地で機器の交換を行ったり経年データを取得したりしているが、メインの観測と比べると参加できる隊員は圧倒的に少なくなる。
そして、前回、陸上生物グループが大掛かりな調査を行ったのは約7年前。その間、取得したサンプルやデータを分析し、得られた結果を元に数年掛かりで今回の調査計画を練り上げてきた。つまり、今回の調査で得られた研究データは、また数年後の調査計画に活用される。結果が得られなければ、次回はいつ大掛かりな調査のタイミングが回ってくるか分からない。KISHIWADAは、そういう重要な責任を背負っていた。
南極調査用の小型ROV開発というテーマを掲げていた私自身も例外ではないが、今回は開発して現地で実験して終わりではない。ROVはあくまでも調査のツールであり、動いて当たり前であって、これによって得られる成果が重要なのだ。成果如何ではメンバーの将来を左右しかねない。
ある日、このことを就寝前にポロっと口にすると、みんな「気にしすぎだよ~」と明るく笑っていたが、やはり、水中ロボット工学者として、自分が生み出したロボットが成果を出さないのは、自分が粗悪な歯車になるようにさえ思えた。
そして、まさかの事態がやってきた…。

つづく