ANTARCTICA

 

めざすは南極、しかも冷た〜い湖の底。

なぜ行くのか? それは珍しい生き物がいるから!

世界一深いマリアナ海溝の高画質撮影を成功に導いた、

若き水中ロボット工学者が、南極大陸の地を踏み、

過酷な現地調査に同行することになったのだが…。



著者プロフィール
後藤慎平(ごとう しんぺい)

大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業、海洋研究開発機構を経て、東京海洋大学助教。専門は深海探査機の開発、運用。2014年から生物研究にまつわる海洋機器開発に取り組み、2018年には南極の湖底に生息するコケボウズを水中ロボットで撮影する、世界初のミッションを成し遂げた。雑誌「トラ技 jr」にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

【バックナンバー】
第1話 日本出発
第2話 フリーマントルから南極へ
第3話 暴風圏突入!
第4話 上陸訓練はペンギンと一緒に
第5話 しらせを発艦! 南極大陸に上陸!
第6話 南極への熱き想い
第7話 南極観測船の模型の世界
第8話 きざはし浜小屋生活、はじまる
第9話 調査地「長池」は美しかった

 

めざすは南極湖底生物!

水中ロボットを背負って

 

第10話

南極のクリスマス・イブ

文と写真 後藤慎平(水中ロボット工学者)


南極には「なぜ、こうなった?」と疑問を持つ地形が多い。

食後は運動を兼ねてエクスカーションを再開。風は冷たいが日差しが強いので暖かく感じる。今回のチームには地学の専門家も一緒だったため、南極の大地の成り立ちや石の組成などを詳しく教えてもらいながら歩くと、「なぜ、こうなった?」と疑問を持つ地形が多いのでとても勉強になる。
例えば、歩いていて気になったのが、岩の上に異なる性質の石が帯状に走っている地形が気になった。しかも、結構な頻度で出現するうえ、岩肌から飛び出していたりするため、ときどき「よっこいしょ」と越えなければならない。そこで、この地形の成り立ちについて聞いてみると、割れた岩盤の隙間に溶岩が流れ込んで固まって出来た地形だそうで、帯の幅を見ると流れ込んできた方向が分かるという。確かに良く見ると、帯が太い部分と細い部分があり、太い方から流れ込んできたことが分かるそうだ。
こうして現地で専門家の方から話を聞くと、まったく違う分野でも勉強になって楽しい。きっと、南極の大地を縦横無尽に走り回るようなロボットを作るときには、こういった「現地に行って見てみないと分からないこと」が役に立つのは間違いない。これでもし、筆者に南極露岩域の自走ロボット開発の話が来ても、スカルブスネス周辺は怖いものなしだろう(笑)。


岩盤の上を異なる性質の岩が帯状に走る。
エクスカーションも後半になり、それまで晴れていた空に一面の灰色になってきた。日差しが遮られ風も強くなり、寒さを感じるようになる。南極気象台の予報通り、午後から崩れるというのが的中した。
一行は、標高258mの「すりばち山」を迂回して「きざはし浜小屋」へと戻ることとした。迂回と言っても尾根は標高100mくらいのアップダウンが続くうえ、風と寒さが体力を奪う。小屋が見える場所にたどり着くころには足取りが重くなっていたが、前を歩く極地研の学生さんが止まって地面を指さした。
「なに?なに?」
と駆け寄ってみると、なんと!アザラシのミイラ。表皮も体毛も残っていて、骨も白くキレイな状態だが、恐らく数千年は経っているらしい。外気が寒く冬は雪に覆われることから、腐らずに残ったのだろう。


きざはし浜小屋の近くにあるアザラシのミイラ。
そんなこんなで1日かけてきざはし浜の周辺を1周して、ベースキャンプの小屋に戻ったのは夕方16時。GPSで歩いたルートを見てみると、11km。歩きなれない地形というだけでなく、見るものすべてが珍しい光景なので、普通に歩くより疲れたのだろう。

◎小屋なしスカーレン調査に備える

23日は朝6時に起床してスカルブスネス周辺の気象情報を昭和基地に連絡。他の野外観測チームがヘリコプターを飛ばす際の参考にするらしい。持ちつ持たれつ、それが南極観測。早く起きたのでゆっくりと朝食を食べていると、再び昭和基地から無線で呼び出しがあった。
前日の定時交信の際、天候とヘリコプターの都合がつかず断念せざるを得ないとされていた「西ハムナ池」への調査が、出来るかもしれない!という連絡だった。ただ、今回は小型の観測ヘリコプターでの移動となるため、現地に行けるのは3名とのこと。そこで、地学系の3名が行くことになり、残りの4名は「きざはし浜小屋」に残って、25日から行われる「スカーレン大池」への遠征に向けた準備をすることとなった。
「スカーレン」はスカルブスネスから約20 kmほど南にある露岩域で、ここにも無数の湖がある。しかし、ここの湖にはコケボウズは確認されておらず、今回は湖底の地質調査がメインであった。そのため、ROV屋には大きな仕事は無いのだが、せっかくなので突貫工事で作って持ってきた2号機のバランス調整なども兼ねて「スカーレン大池」にも潜らせてみよう!と思い、ROVを持って行くことにした。
スカーレンでの滞在は5日間。食糧とキャンプ用品、地質調査の道具など、かなりの物資量になる。それでも、長期ビバークの可能性を考えると食糧は多目に持って行かなければならない。また、「スカーレン」のベースキャンプには、「きざはし浜」のような立派な小屋があるわけではなく、「カブース」と呼ばれる小さな物置があるのみで、調理設備や冷凍庫がないため、食事は基本的には即席麵やレトルト食品が中心となる。この日は主に食糧の準備をして1日が終わった。


スカーレンのカブースとテント村。

◎クリスマス・イブの夜に

24日は、朝から小雨がパラつく中での準備作業となった。雪ではなく雨なのが新鮮だった。この日は調査機器やテントなどの装備品の準備が中心で、全員総出で小屋の外で作業をしていると、昭和基地の通信担当からイリジウム通信が入った。なんでも、「しらせ」が接岸した昭和基地周辺の海氷が薄く、物資の氷上輸送ができない状態らしい。
「しらせ」の物資の多くは、日本から搭載してきたコンテナのまま雪上車に繋がれたソリに載せ、基地まで海氷上を走って運搬する。そのため、海氷が薄いと割れてしまう危険性があり、通常は太陽の影響が少なく氷が引き締まる夜間に輸送を行うのだが、それでも今年は氷が薄く危険だということだった。そこで、「しらせ」を一旦、現在の位置から離岸して海氷の分厚い場所に再接岸する必要性があり、「しらせ」移動中はヘリコプターを飛ばすことができないため、翌日のフライトはキャンセルになる可能性が大きいとのことだった。
幸いにして、既に大半の準備を終えていたことから、小屋に戻って冷えた体を温めつつ続報を待つこととした。しかし、待つと言っても、テレビもなければネットもない世界。各々はパソコンに向かって仕事をしたりこれまでのサンプルを処理したりして過ごす。
やがて夜(外は明るいが)になり、夕食の準備を始める。その日はクリスマスイブということもあり、少し豪華な夕ご飯とお酒、最後には線香花火を刺したケーキで簡単なパーティーとなった。そして、ひとしきり盛り上がっていると、「スカルブスネスきざはし浜小屋。こちらは昭和基地です」と、夜8時の定時交信が始まった。
翌日の行動が決まる大事な通信だけに、それまでの盛り上がりが嘘のように静まり返って一同が無線機の声に耳を傾ける。
「きざはし浜小屋は、明日、1便でスカルブスネスからスカーレンに移動…」
無線が言い終わるより前に小屋の中が騒然となる。そりゃそうだ。夜8時から残りの準備をしなくてはならないのだから。パーティー気分からあっという間に即応体制に移行する一同。小屋で使っている私物や着替えを自分のバッグに詰め込み、歯を磨いておやすみなさい。なんせ、翌朝は5時半起きなので…。

つづく